公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団 公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団

研究助成事業

審査と採択

助成研究の審査は、専ら選考委員会が行います。

1.事前審査

毎年総計で100件程度の助成申込がありますのでこれを分類し、先ず委員が2人1組で担当を決めて事前審査します。

2.本審査

例年12月下旬に全選考委員が出席する選考委員会で、事前審査を踏まえ全部の応募者について時間を費やして本審査し、採択者を決定します。

3.正式決定

採択者には速やかに通知しますが、正式な決定は例年1月下旬に開催される定例理事会承認を待たなければなりません。但し、委員会決定が理事会で覆ったことはありません。
助成研究の審査は、専ら選考委員会が行います。

2021年度助成研究(A-1)は次の5課題を採択しました。

募集課題: 「誰一人取り残さないためのゲーム」

研究課題 氏名/所属・肩書
農業者育成に適応可能な現実再現性の高い農業経営ゲームの開発 河野洋一
帯広畜産大学畜産学部
助教
自閉スペクトラム症児・者の“行事写真パズル”に対する反応の調査 岡嶋 一郎
西九州大学子ども学部
教授
子どものゲーム利用環境整備を促進させる政策メカニズムの解明 齋藤 長行
東京国際工科専門職大学
教授
視覚障がい児のための補助ゲーム支援ロボットの開発 松本多恵
大学共同利用機関法人  人間文化研究機構
総合地球環境学研究所
准教授
大規模計算機資源と生態系ビッグデータを活用した自然観察ゲームプラットフォームの実証と効果検証 中島徹
東京大学大学院農学生命科学研究科
助教

2021年度助成研究(A-2)は次の6課題を採択しました。

研究課題 氏名/所属・肩書
コロナ危機下におけるビデオゲーム制作者へのクラウドファンディング支援の研究 照井敬生
同志社大学創造経済研究センター
嘱託研究員
大人と子供が共に楽しめる役割取得能力トレーニングアプリの開発 本間優子
新潟青陵大学福祉心理学部
准教授
ゲームの達人の技に迫る脳の研究 大山 剛史
岡山県立大学 情報工学部
助教
ゲームがもたらす幸福感と不幸感に関する構造的把握 福井昌則
徳島大学 高等教育研究センター
准教授
表情による駆け引きを実現するアバター間コミュニケーション技術の構築 松野省吾
群馬大学情報学部
助教
レビューおよびチャットを用いたゲームの楽しさに及ぼす影響分析 佐賀 亮介
大阪府立大学人間社会システム科学研究科
准教授

2021年度助成研究(B)は次の7課題を採択しました。

研究課題 氏名/所属・肩書
幼児教育における「遊び」の変遷:幼稚園教育要領の内容分析から 紺谷遼太郎
長崎短期大学保育学科
助教
伝承遊戯の変容と遊び空間の創造に関する人類学的研究 小木曽 航平
広島大学大学院人間社会科学研究科
准教授
ゲームプレイによる空間認知能力の変容について実証研究 井上明人
立命館大学 映像学部
講師
虫捕り遊び文化の研究;掌の中の「自然」との向き合い方に着目して 井上邦子
奈良教育大学教育学部
准教授
動きを創造するオートマタ(からくりおもちゃ)教材の開発と実践による検証 古田このみ
愛知教育大学大学院教育学研究科・静岡大学大学院教育学研究科共同教科開発学専攻
博士後期課程院生
ゲームオーディオの固有性に対応した保存手法確立のためのメタデータ設計とデータベース構築 尾鼻崇
大阪国際工科専門職大学工科学部
准教授
古代ローマ時代における人とスポーツに関する研究 阿部 衛
東京女子大学現代教養学部
非常勤講師

過去3年分の「助成研究」の採択一覧は次のとおりです。

PAGE TOP